Caribbean Cuatroのブログ

ヨット Caribbean Cuatro(カリビアン クアトロ)のブログ

HPより 09年GW 大島・房総クルーズ

09年ゴールデンウイークは4月29日より5月3日まで大島・東房総へクルージングを行いました。晴天に恵まれ全般的には快適で楽しいクルージングでした。ただし5月2日、3日は風が強く、うねりも大きく予定を変更、5月4日の帰りを1日繰り上げ3日に油壷へ帰港しました。


4月29日 油壷から大島・波浮港へ
乗船者:橋本、吉田、竹内、斎藤、浜村


8時48分油壷出航。絶好なクルージング日和、出航直後は風が無いと思われたが、すぐに10ノットちょっとぐらいの風に恵まれ、快適に帆走(ジェネカ、No.3+フルメイン)、一直線に波浮に向かう。波浮近くで同じく波浮に向け機走していたバーバリア40の船に追いつく。港で彼らから「良い切りあがり性能の船ですね」と褒められ、少しうれしい感じ。3時波浮港着。竹内さんのお嬢さんより旦那さんが釣った鯵の差し入れがあり美味でした。釣れた小魚のフライはビールのつまみになりました。  
                                                                                                                   photo by Ogawa



4月30日 波浮から千倉
乗船者:同上


8時45分ごろ波浮を出港千倉へ。風無し。機帆走、潮に乗り艇速9ノットを記録、快調。
途中、房総南端白浜沖で行く先がわからないようなヨット発見。後でわかったのだが岡崎造船製24Ft船名スヌーピーII、鴨川港をホームポートとする小川ご夫妻所有のヨットで白浜を出て館山に向かうも逆潮が強く戻られたとのこと。我々と同じく千倉に入港されました。
この小川ご夫妻には千倉、鴨川でたいへんお世話になりました。愉快な方です。小川さんに探してもらったお風呂に入り、鮨屋でマンボウのさしみを食べてみました。どうてことない味でした。ヒットはスーパーで買った白浜産そらまめです。ゆで方もうまかったのでしょうが、たいへん美味しかったです。夜、滝沢さん、高橋さんが車で千倉に到着しました。                                                                                                                            
白浜沖

                                                                                                                                                                     千倉漁協 

                                                                                                                                                          千倉漁協と市場

                                                                                                                                                                 千倉港停泊 

5月1日 千倉から鴨川へ
乗船者:橋本、吉田、斎藤、滝沢、高橋、浜村    陸上車調査隊:竹内

滝沢さん、高橋さんがあらたに加わり、竹内さんが車での調査隊となりました。千倉を出港勝浦を目指す。風・波ともまあまあ良好、順調に勝浦に向かうが勝浦沖で竹内さんより勝浦港に入れないむね連絡あり。
鴨川に入港することにし、引き返す。やや風があがり向かい風となるも、すんなりと鴨川に入港。早速小川さんの歓迎を受けました。夜、昔農さんが合流しました。マリーナ管理事務所の海太郎にカンペイさんの鴨川出港の写真と太平洋横断の航跡等パネルで掲示しています。                                                                      
千倉港を後に 

5月2日 鴨川から白浜乙浜港へ
乗船者:橋本、吉田、昔農、斎藤、滝沢、高橋、浜村      陸上車調
査隊:竹内


風強し、館山を予定していたがはたして何処まで行けるのか出てみないとわからない状態。潮の流れもきになる。やや早めに出港、かなり厳しい風(Max28Nt)と向かい風。洲崎を越えるのは無理のよう。千倉近くで定置網を避けるのに時間をとられた。房総の南端の何処かに入らざるをえないかと思ううち、竹内さんより洲崎あたりは白波たてて荒れている連絡が入り、白浜に入港決定。漁業組合に電話し緊急避難の入港の許可を求めた。というのも白浜港では普通入港は認めないとのこと。したがって、大袈裟に強風による緊急避難であることを強調した。結局、入港したところが乙浜港で、ここは緊急避難港であった。漁協の人は親切にも海上保安庁への連絡も準備していた様子、いろいろ見回り等手配してくれていたようだ。お昼の1時ごろと早めに入港し、ひと安心。今回いずれも早めに入港し、大成功です。


白浜乙浜港 のどかな小さな漁港の感じ。5月の緑が美しい
5月3日 白浜乙浜港から油壷へ
乗船者:竹内、昔農、斎藤、滝沢、高橋、浜村            陸上車調査隊:橋本、吉田

今日も昨日と同じく強風。洲崎をすんなり越えられるか、館山へ行くか油壷へ帰るかは海へ出たとこ判断になる。7時45分出港、さいわいしたことには風は真向いではなくややずれたため、苦しくはなく逆にスピードをかせげた
うねりは相変わらず大きく走りにくいが、逆潮は無く、あっという間に野島崎を越え良い走り。油壷を目指す。本線航路にも船は少なく一直線で油壷へ、12時半油壷到着。まあ海水をかぶるも、快適といえるクルージングでした。
                                              油壷到着 

                                     スピードメーター チェック

                                                以上

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。